キャプチャwdawd
転勤族の我が家。アメリカ駐在になりアメリカの田舎に引っ越して1年が経ちました。

日本人が1人もいない、アメリカ田舎現地中学校に子供は通っています。

第1子が幼児期に1年だけアメリカに駐在経験がありますが、その時と変わらないアメリカの緊急連絡。

英語の話せない駐在妻がアメリカの緊急連絡について思うこと、実際に学校からきた緊急連絡内容やその後の結末にツッコミたくなった、生活体験談ブログです。

*あくまで住んでいるアメリカの地域の一例となりますことを予めご了承下さい。



1.アメリカの緊急連絡は、一斉自動電話

element5-digital-7K_agbqPqYo-unsplash
By unsplash

日本では1年に3度転校したこともある我が家。日本国内でいくつか小学校を経験していますが、いずれも学校からの緊急連絡はメールでした。

実は、現在も日本の小学校のメーリングリストから抜けていないため、最後に日本で在籍していた小学校からのメール連絡は受け取っています。未だに日本はメールですね。
(日本の小学校のメーリングリストは毎年年度初めに子供のクラスを登録し直すように通知がありますが、それをやっていない親が多いようです。そのため、前年度に登録していた親全員に卒業年度になるまで自動的に送ることにしているとの連絡がありました。)

2度目のアメリカ赴任ですが、アメリカの学校の緊急連絡は以前も今も主流は
電話の自動音声

着信があり、受話にすると自動音声が流れ始めます。

2度目のアメリカ駐在(2022年)は、これに加えて同時にスマートフォンにメッセージが届くようになりました。

正直、自動音声だと聞き取れない駐在妻としては、メッセージが助かっています

でも、着信中の画面に出てくるのが地域名+教育委員会のようなながーーい名前なので、地域名が出ただけで自動音声だと思って電話に出てみたら、実は先生だったことも・・・

▼英語の話せない駐在妻にかかってきて「お子さんが学校に来ていません」と言われて焦りました

稀に駐在妻で、日本の通信会社での契約のまま持ってきている人がいます。大手キャリアで契約していて
「海外だと、無制限にデータ通信が利用できるんです。」
と仰っていました。

ただ、アメリカの緊急連絡が電話、それも両親に連絡が来ることを思うと、アメリカで日本の通信会社の契約を続けるのはどうかな~と思ったりはします。

▼買い物だけは英語が話せなくてもできます。


▼現地校はルールが難しい!


↓アメリカの文具の品質は悪く、先に渡米した夫が「買い忘れた!持ってきて!」といったフリクション。0.38mmが良いそうです(最寄りのイ◯ンでは取り扱いなく、楽天でまとめて購入)。日本のクオリティネタにアメリカ人にプレゼントすることも。


2.中学校から緊急連絡。学校でガス漏れ発生!?

erika-fletcher-MZxqc6n9qCw-unsplash
*イメージ

子供3人の我が家。第1子は7時過ぎのスクールバスで中学校へ。

ある朝、8時過ぎに学校からの着信があったため、念のため電話に出てみました。すると、自動音声。
「gas」と言っているな~と思いながら電話を切ってメッセージを確認。

「The building has been evacuated due to the smell of gas.」

中学校の2階でガスの匂いがしたため、避難しました。現在消防隊が安全確認中です。安全が確認でき次第、再度連絡します。」

アメリカも、情報社会。

学校に消防車が来ていることに気づいた近隣住人が、SNSサイトに投稿することもよくあります。

そのため、学校はいつもと違ったことがあるとすぐに保護者に連絡してきます。

アメリカは抜き打ちの避難訓練(不審者侵入含む)がありますが、その訓練の直後にも親に連絡が届きます。アメリカはクレームや裁判が多いと聞くため、その対策なのかもしれません。
(親からのクレームで、対応が悪かった先生がクビになったこともありました。)

可愛そうだなと思うのは、子供達。
1度目のアメリカ駐在時、第1子が当時Kindergarten(幼稚園生。アメリカの小学校の1番下の学年)だったとき、真冬に警報騒ぎがありました。

その日はたまたま親も学校に行く日で外に避難している子供達に遭遇しましたが、真冬なのに外で半袖!
アメリカは学校内が暖かいので、真冬でも室内では半袖の人が多いです。

でも、雪が降りそうなマイナス気温の中、半袖!!

そのため、今回も避難した子供達の服装が気になりました。
(幸い10月で晴れているので、生徒たちも困ったことにはなっていないと思われます)

日本だと避難する前に上着ぐらい着そうですが、アメリカはその辺の配慮はありません

▼英語ができない駐在妻は辛い!?子連れの駐在妻は正直大変です今夜も夫は話し合いと言う名の食事会、妻は子供3人連れて学校イベントです


▼2023年、アメリカの田舎でも日本やアジアブーム?!日本のアニメなどが韓国や中国のものだと主張されていて不満ですそのため、子供3人は日本のキャラものでアピールしまくってます

↓日本への一時帰国は夏休みなので、日本のスーパーで「葛湯は冬しか取り扱いがありません」と言われましたそのため、冬の間に実家に配送しておき、日本からアメリカへ運んでいます少し寒気を感じたら対処が必要なアラフォー


3.ガス漏れ騒ぎの驚きの結末

keyboard-g9182b9592_640
最後に、ガス漏れ騒ぎの結末。

1時間と少し経ってから、再度学校から自動音声とメッセージが届きました。

「There was an outside smell from a truck tha had been working nearby and it traveled through the vents.」

「消防署とガス会社は、近くで働いていたトラックからの臭いが通気口を通って校舎内に入ったと判断しました。消防署とガス会社の点検の結果、中学校は安全であり授業が再開出来ると判断されました。」(届いたメッセージを翻訳機使用)

とのこと。

トラックの排気ガスの臭い!?それか、何か有害物質を載せたトラックが、通気口を開けていた?
(日本ではそんなこと聞いたことがない気がします)

アメリカの田舎、それも学校のある通りは制限速度20マイルで通りにお店は一切なし。住宅と教会のみ。

結局、原因が分からなかったということ?アメリカあるあるです

とにかく何もなくてよかったですが、全校生徒が外に避難する羽目になり、1時間外で待つことになったと思うと、生徒を気の毒に感じる出来事でした

ちなみに、帰宅した子供に聞いたところ
「1時間も外で待たされて暇だった。友達もいなかったので、1人でストレッチなどをしていた。先生だけずっと喋っててずるかった!」
とのことでした

アメリカは先生が自由です(プリント学習中にyoutube見ていたりします・・・)

▼アメリカ転勤と主に、スマゼミ入会。1年経つと、英語は子供は余裕会費が他と比べて安いのと、日本の学校に通わなくても理解できるレベルです。
 


↓駐在1年を超えて、皆さんが日本土産にくれる混ぜご飯のありがたみが分かるようになりました。本当に美味しい1年目と2年目では欲しい物が異なるのが面白いところ。


↓ノースフェイスはアメリカのブランドなのに、公式サイトだと全く品揃えが異なります。日本のほうが安かったりも。



↓ランキング参加中。ぽちっとお願いします。励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

▼ブランド好きな人は、海外駐在も楽しめると思います。日本の知り合いにかなり頼まれます


▼インフレ、円安…アメリカの新車・中古車が高い!

▼渡米するに伴い、スマイルゼミを始めました。丸付けしなくても良いので、とても楽です!
 
スポンサードリンク