キャプチャsfgs
アメリカの田舎に駐在中。現在アメリカに引っ越してから11ヶ月が経過しました。

田舎なので、夫婦2台分の車が必須。1台は新車、1台は中古車を購入しました。

新車は購入時に半年ごとのメンテナンス付きのプランで購入しましたが、その新車が1年経たずに部品不良で修理が必要!それも、修理費28万円!!

結論から言うと、修理費28万円払って直しました

日本だと起こらなかったと思われる、アメリカならではの我が家の車購入トラブルです。

*アメリカは広いため、あくまで一例となることをご了承下さい。


1.アメリカトヨタで新車購入

vw-1835506_640
↑参考画像です。

アメリカ赴任と同時に、アメリカのトヨタで新車を購入しました。

トヨタを選んだ理由は
  • 日本のメーカーだから
  • 以前もアメリカのトヨタで2台新車を購入したから(2度目の家族帯同アメリカ)
  • 半年前に日本で日産の新車(セレナ)を購入したけれど、以前乗っていたトヨタノアのほうが乗りやすかった
ためです。

▼2022年年末に納車。単身赴任中ですぐにアメリカに赴任した夫は数回しか乗っていません転勤した直後に購入したら、1年経たずに海外赴任になりました…

新車を選んだのは、アメリカでは中古車の価格が落ちにくいため。

車に詳しくなく日本でも中古車を買ったことがない我が家。アメリカで状態の良い中古車を見つけられそうにないため初期費用はかかりますが新車を購入。

▼アメリカの新車・中古車購入体験談はこちら。


↓アメリカはお出かけの移動距離が長いため、日本のこちらのモバイルバッテリーを3年以上愛用しています。まだ壊れていないので、おすすめです。

2.初期不良?自損?車の不具合

IMG_4951_10
↑我が家の車、トヨタのハイランダー。

我が家では、嫁(私)が新車のトヨタ ハイランダーを、夫が中古の小型車(日本のメーカーではない)に乗っています。

新車購入時につけていた、半年(もしくは走行距離に応じて)の定期点検(メンテナンス)。
オイル交換やタイヤローテーションをしてもらうとともに、不具合を確認してもらう点検です。

購入半年の定期点検は、私(嫁)が英語が得意ではないため、比較的英会話力がマシな夫が対応。問題はありませんでした。

購入後11ヶ月の2度目の点検は、嫁(私)が対応。

ただでさえ苦手な英語なのに、点検後に受付のお姉さん(トヨタ内にいるお姉さんではなく、メカニック専用の受付担当者)がなにか言っています。当然英語がわからず。

スマホの翻訳機能を使ったところ、
「運転中、どちらか片方に偏っていると感じることはありませんか?メンテナンス後、最後にメカニックがテストドライブ(試運転)を行った際に違和感を感じました。」

後日、再点検が必要です。」

ただでさえ苦痛のメンテナンスを、もう1度!

2度目も嫁(私)が担当して車をトヨタメンテナンスに持ち込んだところ、前回と違う受付の中国系のおじさんが
車に異常が見つかった。メンテナンスサービスに含まれていないため、修理費は自腹になる。修理費はとても高い。」と。

実際に見せてもらったところ、たしかに歪んでいます。
キャプチャsfgs
正常な反対側。
キャプチャ6593
トヨタのおじさん「どこかにぶつけたり悪路を走ってないか?レッカーされたことはないか?」と言われましたが、私はアメリカの田舎に住んでいるのに家の近所から全く出かけません。

日本だと、関西から関東まで1人で子供3人連れて首都高走って往復するぐらいの技量はありますが(18歳から実家の8人乗りワンボックスを運転)、アメリカだと全く家から出ていません。

日米通して、レッカー経験も事故経験もなし。自損もなし。

それも、こんな車の下、車高の高い車なのにどうやってぶつける!??

私「ぶつけたことも悪路を走ったこともレッカーされたこともない。(購入した)初めからじゃないの?」と言いましたが、当然購入後11ヶ月経過した英語の不自由なアジア人の言い分が通るわけもなく、モヤモヤ。



3.新車の修理費28万円。保険適用する

money-496229_640
結局、28万円の修理費は自動車保険を使うことにしました。

何故なら、
トヨタメンテナンス「どこかで事故にあったか、ぶつけているはず」
と主張したため。

調べてみると、アメリカでは自損事故の申請は容易そうでした。

実際に、加入している保険会社のサイトから自損事故として報告。後日、実際に車の破損箇所を確認する担当者が家に訪問して実際に車を確認。夫が対応(修理費が自腹になりそうな時点で、車対応は夫に任せました)。

この担当者がとても良い人だったそうで、すんなり「自損事故」扱いで保険が適応され、数日以内に自己負担金を除いた金額の小切手が届きました

保険が使えたので、実際に払ったのは28万円ではありません。それでも、事故にあった覚えがないので修理後も私(嫁)はモヤモヤ。

アメリカでは車を購入することも大変ですが、買った車に問題がないかをしっかり初めに確認することも大事と痛感した出来事でした

アメリカでの車購入は、日本よりも慎重に

(アメリカの新車は、すでに出来上がった時点で店頭に並んでいます。色々な人が実際販売している車を試乗するため、そのときにすでに故障していたのではないかとのことでした。)



↓ぽちっとお願いします。励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

▼アメリカブランド、現在ラルフローレンだけは詳しくなりました

▼英語が少しわかるかわからないかで、アメリカ現地校での過ごしやすさは異なっています。

▼アメリカの一軒家。いつの時代の物ですか!??

▼インフレ、円安…アメリカの新車・中古車が高い!

▼スマイルゼミを始めました。アメリカに住んでいるのに英語の発音のテスト、母が子供に負けてます
 
スポンサードリンク